ドルを渡す人
説明する男性と女性

費用を考える

子供ができる前から考えておくべきことは将来の学費や教育費です。これらは子供が生まれた後では用意することが大変な場合もありますが、事前に考えておくために、教育ローンを低金利で済ませることができるようにしましょう。

この記事の続きを読む

スマホで話す女性

すぐにできる

店頭で申し込みをして即日融資を受けるためには、事前に申し込みをする必要があります。その申し込みはとても簡単なものが多いのでどのような方法で手続きするのかチェックしてみましょう。

この記事の続きを読む

喜ぶ女性

利用するために

キャッシングをするときには様々な方法がありますが、その中でもコンビニでやる方法はとっても便利なので覚えておきましょう。またコンビニでキャッシングすることによってどんなメリットがあるのか紹介します。

この記事の続きを読む

カードケース

金利について

不動産担保ローンはとても金利が高いと思っている人もいるでしょう。しかし、この金利は一般的なカードローンなどと比較するととても安いことがわかるので、チェックしてみると良いでしょう。

この記事の続きを読む

重視することで

タブレットと男女

地方在住のサラリーマンの方が住宅を取得したり、定年後に不動産投資をする際には、住宅ローンや不動産担保ローンを利用し借入するケースが大半です。住宅ローンや不動産担保ローンを借入する際に重視するポイントは二つあります。一つ目は、金利の低い不動産担保ローンや住宅ローンを扱っている金融機関を選択することです。借入後、利息を含めた支払総額の観点からすると、金利が低いローンの方が支払総額が低いからです。二つ目は、新しく住居を取得する場所や自宅から近い場所の支店を選択することです。金利選択型のローンを組み固定金利の特約を選択した場合、特約の更新の手続きが借入後に発生します。借入後に手続きが発生することを考慮すると「近い」支店の方が便利です。

地方部では地方銀行や信用金庫などが借入先の候補となりますが、不動産担保ローンや住宅ローンの金利はどの金融機関も大きな乖離はない場合が多いです。また、金融機関同士の競争もあるため、他の金融機関の条件を条件の見劣りする別の金融機関に提示して交渉すると条件が良くなるケースもあるようです。そのため、前述した二つの借入先のポイントのうち金利面が希望する条件に合わない場合、金利面については交渉の余地がありますので、複数の金融機関の借入条件を比較検討すると良いです。なお、大手銀行の住宅ローンは10年固定の再優遇金利で年0.85%〜年1.20%です。地方銀行や信用金庫に対し大手銀行の住宅ローン金利で交渉することは難しい面がありますが、参考指標としておさえておきましょう。

カードローンなどのお金の貸し借りを行なうという場合は様々な事をしっかりと考える必要があります。そのため安易に借りてしまっては様々な問題点が生じることがあります。例えばカードローンでは融資を受けると必ず返済する時に金利分を多く払う必要があります。1万や10万という金額であれば金利もそこまで多くはなく、数千円程度で抑えられます。しかしながら数十万円となると金利も融資額と同様に増えていきます。借りる時にはこういった金利の計算を行う必要があり、金利計算を行なうためだけの専用のツールなども登場しています。カードローン会社のホームページなどでは無料で金利計算が可能なWEBサービスが利用することが出来ます。必ずこういったWEBサービスを利用することが大切になるでしょう。