金利について

カードケース

現在利用しているカードローンの金利が高い、金利低くならないかと頼んでも下げてくれないという場合には、不動産担保ローンを利用してみることです。フリーローンが金利が高いのが無担保で融資をしているからです。必ず返済をしてくれるだとうという信用の元融資をしていますが、万が一返済不能に陥った場合にすぐに回収できなくなります。それが土地や建物を担保と不動産担保ローンであれば、万が一返済不能に陥ったとしても担保を回収することで貸し手側のリスクは最小限に抑えることができますので、金額も大きい限度額で融資をすることができて、担保という信用がありますので低金利で融資をすることができるのです。土地や建物をそのままにせず資産活用に生かすことができます。

不動産担保ローンを申し込みをしたからといって、必ず融資が受けられるとは限らないです。限度額が大きいですので、申込者本人には返済能力があることが求められます。また、不動産に価値がないとだめです。担保価値を評価して、その評価額全額融資をするのではなく、掛け目といって評価額の70%から90%程度が最大で融資ができる限度額となります。その範囲で審査の結果、不動産担保ローンの限度額が決まります。そのため広大な土地を所有していても、山林など担保価値がでなければ融資をすることは難しいという結果となりうることもあります。融資を受ける時は限度額が大きいので喜んでしまいますが、ほんとうにこんなにお金が必要なのかも考える必要があります。